業務内容に合わせて土質改良機を購入しよう|機材のレンタルも可能

機種と販売店の選び方

工事現場

土質改良機は価格と能力だけで購入する機種を決めずに、その中でも最も人気の高い機種を選ぶようにしてください。また購入する業者も重要で正しい使い方を教えてくれて、アフターフォローも万全な業者から購入するようにしてください。

詳しく見る

おすすめ記事一覧

MENU

良質な土を製造

男性

土質改良機を使えば廃棄物として捨てられる残土を盛り土などに使える良質な土としてリサイクルすることができます。土質改良機は単独で使うのではなく、複数の重機や前処理をすることによって安いコストで高品質な土が作れます。

詳しく見る

中古機種の見抜き方

男性

土質改良機は頑丈にできていますが、混合室のシャフトに負荷がかかりやすく、台座まで傷みがあると修理費が大きくかかってしあいます。中古品を選ぶ時には目視と動作音を確認して、購入後は細かな砂だけを混合室に入れたり、使用後の洗浄を忘れないようにします。

詳しく見る

建設残土の土質を改良

工事現場

湾岸・河川工事や建設工事の現場では、工事の際に掘り出された大量の建設残土の多くが廃棄されてきました。こうした不良土を道路工事や堤防工事の盛土として再利用する目的で、土質改良機という特殊機械が利用されています。土質改良機には定置式と自走式の2種類があり、移動可能な自走式は土質改良の効率性に優れます。

詳しく見る

土質を改良する機械

ガッツポーズ

土質改良機は土砂を攪拌すると同時に添加剤を混合させて、土砂の質を改善する目的で使用されます。土質の改良に必要な定置式の土質改良プラントを導入する必要が無く、また他社に処理の依頼をする必要もないため、土質改良の低コスト化につながる機械として人気があります。

詳しく見る

新品価格とレンタル価格

男の人

期間とコストで決める

建築現場で発生した土を良質な土に改良して利用できるようにする土質改良機は、建築会社の廃棄物量を減らし、コストを削減するために有用な重機のひとつです。土質改良機の中でも自力で現場まで出動できる自走式土質改良機が人気があります。自走式土質改良機の人気機種を新品で購入すると、5000万円程度はするものです。新品で購入すると最新の機能や高い品質を長期間利用することができ、もし故障したときにも保証期間内であれば修理費もかかりません。あまり人気のない機種を新品で購入すれば購入費用を抑えることはできますが、売却するときに高く買取ってもらえないので初期投資はかかるにしても人気機種を選んだ方が良いでしょう。自走式土質改良機はレンタルすることもできます。重機のレンタルをしている業者はたくさんありますが、全ての業者で土質改良機を扱っている訳ではないので注意して下さい。自走式土質改良機のレンタル料金は、月に250万円程度が相場と言われています。他にかかる費用は消耗品のかかくになり、月に20万円程度はかかると考えて下さい。土質改良機を購入するかレンタルするかを決めるときには、レンタルできる業者があるのかどうか、それにレンタルする期間とコストが新品購入する場合と比べて安くなるのかをしっかり調べてから決めるようにしてください。購入する場合は、土質改良機は特殊な重機になるので、しっかりと指導をしてくれる業者から購入することを忘れないようにしてください。

Copyright© 2017 業務内容に合わせて土質改良機を購入しよう|機材のレンタルも可能 All Rights Reserved.