業務内容に合わせて土質改良機を購入しよう|機材のレンタルも可能

MENU

機種と販売店の選び方

工事現場

人気機種を購入する

土質改良機を購入する時は、購入価格と能力だけで決めることはせずに、売却するときの価格やアフターフォローを含めて考慮するようにしてください。土質改良機は新品価格では最低2000万円、自走式の高機能のものになると5000万円以上することも珍しくありません。たまにしか使わないのであればレンタルという手段もありますが、レンタル価格も高めに設定されていることもあり、今後も何回も使用する場合は購入する方がよいでしょう。どの土質改良機を購入するかを決めるときには価格と能力は大きなポイントになりますが、必要な能力を持った土質改良機のスペックを決めたらなるべく人気機種を購入するようにしてください。人気機種は中古相場で値下がりがしにくいため、年数がたったり使用時間が多い場合でも高価で買取ってもらえます。土質改良機は自家用車のようにモデルチェンジが頻繁ではないため、10年経ったとしても人気機種はそのまま現役機種のこともありえます。土質改良機は、ただ走行するだけでなく、良質な土を作るためには正しい使い方をしなければいけません。また、厳しい現場で使うため耐久性の高い土質改良機でも不具合が発生する可能性はあります。土質改良機の取り扱いが多く、使い方をしっかりレクチャーしてくれる業者を選びましょう。そして不具合がおきたときでもすぐに対応してくれるようなアフターフォローが万全な販売業者から土質改良機は購入するようにしてください。

Copyright© 2017 業務内容に合わせて土質改良機を購入しよう|機材のレンタルも可能 All Rights Reserved.