業務内容に合わせて土質改良機を購入しよう|機材のレンタルも可能

MENU

土質を改良する機械

ガッツポーズ

作業の低コスト化に効果

山の掘削や海の埋め立てといった土地の造成に際して使われる特殊な機械の一つに、自走式土質改良機があります。土の攪拌と排出を同時に行う機械であり、攪拌の際に添加剤を混合する事によって、土砂の性質を変える目的で使用されています。土砂に添加剤を加えることによる土質の改良は古くから行われており、日本でも土塀や三和土などとして、土に石灰等を混合して強度を高める工夫をしてきました。ただこの場合土砂に混合する添加剤の量の調整が難しいため、一般的に土質の改良には、定置式の土質改良プラントに土砂を運んで機械的な処理を行います。この定置式のプラントは、設置するために広大な土地が必要であり、すべての建設会社が保有しているわけではありません。また実際の作業現場との運搬距離などの問題があり、状況によっては現場近くの他社のプラントに処理を依頼する形になります。子の場合土砂の運搬費用に加えて、処理費用も必要になります。その点自走式の土質改良機であれば、場所の制約が少ないので作業現場のすぐ近くに設置する事が可能です。また作業現場の規模が大きければ、現場内に直に土質改良機を導入して、その場で土質改良にあたる事も可能です。作業の効率を改善し、費用の削減にも効果が高いので人気があります。自走式土質改良機は添加剤の量を、コンピューターによって細かく制御されています。投入される土砂の増減に応じて、最適な量の添加剤が加えられるため、実質的な作業には土砂の投入のみで済みます。

Copyright© 2017 業務内容に合わせて土質改良機を購入しよう|機材のレンタルも可能 All Rights Reserved.