業務内容に合わせて土質改良機を購入しよう|機材のレンタルも可能

MENU

良質な土を製造

男性

安くて環境にもやさしい

建築現場ではたくさんの廃材が発生していて、鉄骨などの金属はスクラップとしてリサイクルされ、大きなガレキも建築資材として利用されています。一方、細かな粘土や水を含んだ土はそのままでは利用することができず、土質改良機を使って固化剤と混ぜることによって埋め戻しや盛り土、路床に利用できる良質な土にすることができます。そのまま廃棄すると処理費用を支払うことになりますが、リサイクルすることによって逆に盛り土材などとして販売することができます。土質改良機は単独で使用する重機ではなく、いくつかの重機とともに残土を処理しています。建築現場や工事現場で発生した残土を処理場所にダンプカーで運搬します。良質な土を低コストで製造するために掘削した土をそのまま土質改良機で処理をするのではなく、その前に2つの処理をします。掘削土と石灰を5%程度混ぜた前処理土を5分の1程度混合しておき、重機のスクリーンバケットを使い網目を抜けた小さな砂だけを土質改良機に流し入れます。土質改良機で処理された土は、そのまま盛り土などに利用するのではなく、3日間は養生しておいてからダンプカーで運搬し、利用することになります。これまで盛り土は山などを切り崩した山砂を使うことが多かったですが、それよりも良質で、かつコストも下げて製造できる土質改良機で処理した土は環境破壊を防げるとして建設現場だけでなく、環境保護団体からも注目されています。

Copyright© 2017 業務内容に合わせて土質改良機を購入しよう|機材のレンタルも可能 All Rights Reserved.